お役立ち情報

トップ > お役立ち情報 > お役立ち情報詳細

2015-11-28行動調査が必要となるケース



<行動調査が必要となる男女交際>

探偵が行動調査を必要と判断する場面は様々存在します。特に必要性が高い行動調査の実施理由は「男女関係に関する行動調査」と言えます。

恋愛関係にある男女は「相手を想うあまりに疑う」心情に陥る傾向が強くあるものなのです。

交際を始めて日が浅い男女のどちらかが「仕事や仕事の付き合いが多忙」になり、交際相手との時間を持てなくなってしまう。

このような状況は、恋愛の経験がある多くの方ならば不安な心情を苦い経験として記憶されていることでしょう。

加えて「自身を好きでは無くなってしまったのでは?」などの被害妄想まで想いを巡らす方も少なくないことでしょう。

長年、探偵という職業をしていると「交際相手の好意を測る目安を欲してるご依頼者」が多く存在していることに気付くことが出来ます。

連絡手段が進歩しリアルタイムな連絡が可能となった現代社会であっても、そのような欲求や不安な感情は尽きることがありません。

そこで、ご相談者である皆さんが選択する一つの手法として「交際相手の行動を行動調査」で知ることにより安心し、交際相手が持つ自身に対する気持ちを確認することにより、恋愛で発生する不安定な感情を排除するのです。

もし、現在あなたに交際相手が存在し「恋愛により仕事が手につかない」などの状況が発生しているならば、探偵に交際相手の行動調査を依頼することは問題解決の選択肢の一つと考えられるのです。

<相続に関わる調査・行動調査編>

世間に存在する人物の「本性を知る手段」は多数存在します。身の回りの持ち物や自身が契約している各方面各種を精査する等が一般的にはポピュラーな方法かと思われます。

様々な痕跡や契約内容等から「ご自身に対して友好的な人物」であるか?判断することは有意義に思える反面「ごまかしが効く」ことがあり、疑念や疑惑の核心に迫るには物足りないと言えます。そこで「真実の核心に迫る手法」として探偵や探偵事務所が実施する素行調査を利用するご依頼者様が数多く存在するのです。

多くの疑念は生活や仕事上の人間関係の中で浮かんでは消えてゆくものです。

なかには資産を持つ家系に生まれ、相続の機会が近い立場にある人物等は「身内であっても疑念を持つ人物」が存在し、相続に関わる人物とデリケートな関係性にあると言えるのです。

探偵はこのような人物の力になることも業務として承る機会があります。兄弟や姉妹の仕事や経済状況は基より、不可解な動向が存在しないか?実際に行動を調査することもあるのです。

親族同士で醜い争いが表面化しないためには「水面下での調査が必要不可欠」であり、当然の流れと言えるのです。この調査を抜きに相続を実施する資産家の多くは「相続を期に険悪な関係」に陥る人物が多く、同族経営の骨肉の争いとして世間を騒がせることになるのです。

<行動調査を実施する以前の注意点>

行動調査のニーズは本当に多岐にわたり、探偵の経験とご依頼者の必要とする調査の方向性が重要な調査と言えます。

そのような性質上、調査に着手する以前に「幾つかの取決め」を設定した上で行動調査に着手することが有意義な行動調査を実施する上で必要となります。

基本的なご依頼者様との連絡時間の設定や、行動調査を実施期間中に探偵が絶対に実施してはいけない調査行動なども事前に設定しておくことが重要と言えるでしょう。

お役立ち情報一覧に戻る

関連情報

無料相談
対応地域
AREA
対応地域

首都圏を中心に各支部にて対応致します。
※依頼内容によっては遠方でも対応可能ですのでご相談下さい。

ご依頼者様の声 お役立ち情報
興信所アーガスリサーチ
ARGUS RESEARCH

〒116-0013
東京都荒川区西日暮里5-24-2 KIビル402
TEL:03-3801-1122 FAX:03-3801-1133

0120-132-417 メールで無料相談