アーガスリサーチ のすべての投稿

絶対に探偵がやってはいけないタブー



探偵には絶対にやってはいけないタブーが存在します。どのようなタブーか申し上げますと「依頼人に期待を持たせてはいけない」ということです。 何故?問題を抱え思い悩む人物のために業務を遂行する探偵が「依頼人に期待を持つな」と考えるのか理由を申し上げますと、「依頼人が精神的に弱った状況」で過度の期待をもたせては危険と判断しているからなのです。 精神的に追い込まれたご依頼者やご相談者は本当に多く存在します。表面上は笑顔を見せていても、わずかな希望を託して探偵の調査を利用する人物は多くいらっしゃることは世間的には浸透していない事実と言えます。 例えば「世界中で一番愛している人物に裏切られているかもしれない」と考え、探偵に最後の望みを託して勇気を出して愛する人物の素行調査を相談する。 経験不足で未熟な探偵が相談相手ならば、探偵の口から「心配ありません。事実は一つとは限りませんから」等の軽率な発言にのって調査に着手してしまう。 結果としてご相談者は調査結果次第で大きな精神的ダメージを受ける覚悟が出来ていないまま「残酷な現実を調査報告」として受け止めなければならないのです。 このような危険なリスクは「プロの探偵には考えられない状況」と言えます。 探偵業を営むすべての人物が「相談者や依頼人に期待を持たせて調査委任契約を結ぶ」行為が危険な行為であると再確認できればと考えるのです。

探偵はボランティアでも正義の味方でもない存在

探偵を必要としている人物にも心にとどめておいていただきたい注意事項は存在します。 どのようなことが必項であるか胆摘にご説明しますと「探偵はボランティアでも正義の味方でもない」ということを理解した上で利用するべき存在と考えます。 思い込みとは怖いもので「フィクションの探偵」のような正義感溢れる弱者の味方が現実の探偵に存在していると思い込み「探偵に相談や問い合わせをする」人物が多数存在しているのです。 確かに形式上は弱者の味方の案件を手掛けることもありますが、本質は「報酬を得るために業務を実施する」ことが探偵業の本質と言えるのです。 このことから基本的に弱者の味方ばかりしませんし、正義の味方では無く「報酬のために業務」が最優先となるのです。 探偵業界に身を投じて20年以上になりますが「子供の依頼は受けたことがありません」のでフィクションの世界で展開される感動秘話なども全くありません。 それが現実です。 私が知る限り探偵に正義の味方が存在するならば、「依頼者の立場に近い感情で案件に着手する探偵」としか言えません。 報酬に関係なく心構えやテンションをキープして調査を遂行できる探偵は正義の味方と呼ばれるべき存在かもしれません。 そのような業務を日常的に実践している探偵が存在していれば「探偵は正義の味方」と言えるのかもしれませんね。

探偵にはどうすることもできない

恋愛の縺れから調査行為で相手のプライベートを調べ上げ「復讐の材料を得る」行為は現行の探偵業法に抵触すると考えられます。 調査結果の違法な使用目的が明らかなケースに該当し、事件に発展する可能性があると考えられる調査は「違法調査」と認識されているのです。 法律には触れないが恋愛でひどい仕打ちを受けた人物がこのような復讐を思いつきますが、探偵に相談する事案ではありません。 もし、どうしても相手に対し何か手段を講じてダメージを与えたいとお考えならば法律相談の案件と言えるでしょう。正当な主張のもとに「相手に対して請求できるすべての法的手段を講じる」ことが現実に可能で認められる復讐となるのです。

探偵あるある

探偵が依頼人に「探偵と認められるために必要な基準は何か?」といえば第一に「どんなに辛い立場にある依頼人」であっても「持てる全ての調査力」で依頼人の求める要望に応えるべく調査を実施することでしょう。

当たり前のことですが、探偵自身が考える常識や判断基準には個人差が存在しますから、探偵の力量の個人差を全て依頼人が理解した上で調査依頼するなどあり得ないのです。

もし、依頼人が探偵にできることを基準に調査依頼をしたならば「全て解決可能な案件」でなければ調査依頼しないという状況になることでしょう。

しかし、実際に世の中に存在する依頼人が探偵に調査依頼をして着手する「案件の全てが解決可能ではない」事実が存在するため、ご依頼者のご要望が根底にあり、「解決不可能であっても調査を実施して善処する」という判断となるのです。

探偵あるあるで言うところの「探偵の調査は実際にやってみなければ事実がどう転ぶかは判断不可能」と言った具合なのです。


上記のように「探偵の調査はやってみなければわからない」が多くの探偵の本心であり、探偵あるあるならば探偵は「結果を出す力」が無ければ務まらないと誰でも思うことでしょう。

しかし、現実に探偵業に従事する現場調査員の調査力は様々であり、依頼者が探偵に望む条件も様々であるように思えます。

探偵に必要な条件を探偵のサイトで確認すると「忍耐力や精神力が必要」との言葉を多く確認することができますが、その言葉は本当でしょうか?


仮に探偵の業務が地味で目立たないことが前提であっても「依頼人が探偵に忍耐力や精神力を期待して調査依頼してはいない」と考えるべきでしょう。

その証拠に探偵の基本的な業務は改めて言葉にするまでもなく「依頼人にとっては出来て当たり前」のことです。出来て当たり前の業務に期待感を持つ人物など存在しません。

このことから探偵を職業としている人物が調査現場で実感する多くの経験談やリアルな感想は「依頼人の期待とは一切関係ない」ものであると判断出来るのです。

更に依頼人が依頼先である探偵に対して「探偵として認めるに値する人物であるか?」や期待する基準等もご依頼者によって様々であり、探偵として当たり前の業務が正直なところ「自信が無い」と思っている探偵は「依頼者に認められるレベルにない」と断言できるのです。

一言で「依頼人と探偵の感覚の違い」とも言えますが、探偵は依頼人にとって特別な存在として扱われることが多く、スペシャリストとして依頼人の期待感に応えられない探偵は惨めな思いを数多く経験することになるのです。

探偵あるあるとはこのように「実際の探偵にしか理解できない」探偵ならではの常識と言えるのです。

探偵はスペシャリスト

「探偵はスペシャリスト」と期待を持って相談にいらっしゃるご相談者やご依頼者は少なくありません。

しかし、探偵が生身で等身大の人間である以上は「正義の味方やヒーローのような解決手法は実施できない」と正直に口頭でご説明して納得(がっかり)していただくことが多くあるものなのです。

ここで探偵として御依頼人のニーズに全て「大丈夫です!」と期待を持たせた返答をしてしまう探偵は問題有りな人物と言えるでしょう。

そして、調査実施後にトラブルを抱えることが多く、ご依頼人の満足度はかなり低くなることでしょう。

全ての相談を依頼に結び付けたい感情から「調査のリスク説明を抜き」にした相談や受件を行ってしまうことは「探偵として危険な行為」としか言いようがないのです。

探偵はスペシャリストとの期待感をもって下さる方々に期待外れな事実を正直に伝えなければ「インチキ臭い探偵」との社会的にも最低の評価を後々受けることとなってしまうのです。

探偵・興信所の口コミ・評判・ランキングの落とし穴

       

探偵口コミ・評判・ランキングの落とし穴

探偵や探偵事務所・興信所に調査会社といった「調査全般を実施」する調査業者を利用したいと考えた場合に気がかりとなる「口コミ・評判・ランキング」はネット上で目にすることが出来ます。

検索エンジンで上位表示されている「それらの評価やランキングの多くは自作自演の広告」であることが少なくありません。

口コミ・評価・ランキングが掲載されたサイトの運営者が広告媒体であり「ランキングで上位表示されている探偵や興信所等の調査業者が広告主」となる訳です。

このような自作自演と言える広告手法は現在のところ取り締まるすべが存在しません。

本当に悩みを抱え困り果てた多くの御依頼人がこのような「悪質なランキングや評価に騙され」高額な調査を実施する調査業者に問い合わせてしまう現状にあるのです。

道徳やモラルのある調査業者は決してこのような手法で依頼人を獲得しようとは考えません。

利益至上主義の一部の悪質な調査業者の広告手法なので要注意と言えるのです。

ランキングや口コミを信じて「探偵や興信所を選ぶ」ことに疑問を持たない相談者が圧倒的多数であり、調査費用が高額でも調査結果が出る案件ならばトラブルには発展しませんが、調査結果が期待外れであり調査費用に見合わないケースでは多くの場合に「何故、このような質の低い調査を実施する探偵に依頼してしまったのだろう・・・」と後悔を招いてしまうのです。

確実に言えることは高額な調査費用だから探偵の調査力が高いということは絶対にありませんし、高額な調査費用であるから成功率が高いということもないのです。

探偵業務や調査業務の常識を少しお話しするならば、調査案件の難易度が高ければ「多くの探偵や興信所は結果を導き出すために時間と労力を要する」ことになるのです。

調査力や調査機材が如何に優れていても「調査結果が得られる日程がはやまる程の差」は存在しないのです。

どんなに些細で簡単な調査案件であっても調査に必要となる時間は同様と言えるのです。

高額な調査を実施する探偵と「的を得た調査を実施する安価な探偵」に大きな違いが存在するならば、安価で優良な探偵には「適正価格と常識的な業務が存在」することが違いと言えるでしょう。

間違っても依頼人の不安を煽り、無意味に調査を急かす行為や、根拠や理由無く調査を長期間実施することは無いのです。

このような差が結果的に「無駄な調査時間を生み出している大きな原因」となっており、最終的な調査費用が高額となる理由となっているのです。
探偵の口コミ・評判・ランキングで「探偵・興信所を選ぶ行為がハイリスク」である理由がご納得いただけたことでしょう。

そもそも、探偵や興信所が実施する調査や業務を評価し、探偵・興信所をランキング形式にすることなど不可能なのですから。

常識に沿った業務ができているか?が信頼できる探偵の第一条件

探偵を選ぶ際に注意すべき点は様々なサイトで紹介されています。調査委任契約前に十分な重要事項説明がなされていることは基より、調査に必要となる概算見積もりの提示や、調査に必要となる報告までの期間や日数等は最低限必要な情報と言えることでしょう。

探偵業法によりこれらの説明を抜きにした「探偵との調査委任契約は違法」となっています。

もし、あなたが相談した探偵にこれらの説明が無い探偵が存在したならば「違法営業を実施する探偵」と言えるのです。

現代日本に存在する探偵すべてに課せられたルールなので、常識のある探偵ならば必ず守るルールと言えるのです。

それでは、逆に常識を逸脱した感覚を持った探偵がどのような存在であるか?ご説明するならば「違法な業務を平然と実施」する探偵であり、探偵業法を理解していない存在であることが理解できるのです。

当然の流れなのですが、このような探偵に相談や依頼のお話しをしても常識的な尺度で会話が成立することは無く、「おや?この探偵信用できない・・・」との不安感に襲われることとなるのです。

探偵が収集する浮気の証拠

探偵は証拠を撮る

探偵の重要な仕事の一つに「証拠を撮る」というものがあります。 証拠撮りとは一体何かというと、例えば主に浮気調査で行われ、依頼者の夫もしくは妻が浮気している証拠を撮るということなのです。 探偵についてテレビや映画などでのイメージしかない方には、予想外の仕事ではないでしょうか。 フィクションでは派手に描かれてしまう探偵ですが、尾行・張り込みも含め、かなり地味な仕事をこつこつとやっていかなければならないのが実際の探偵なのです。

なぜ証拠を撮るのか

「だいたい、なぜ浮気の証拠なんかとるの?」と、浮気の証拠の意義自体についてご存知ない方もいるかもしれません。 浮気(不倫)は法律用語で不貞行為といい、民法上、離婚と損害賠償(慰謝料)を請求できる事由となります。 但し、法的に離婚や慰謝料請求を実現させるには、まず配偶者の不貞行為が事実であることを証明する必要があるのです。 この証明ができなければ、離婚・慰謝料請求をしても相手方に否定されてしまえばそれまでになってしまいます。

探偵が撮る証拠はどのようなものか

浮気の証拠といっても一概には言えませんが、最も決定的なものは配偶者と浮気相手の浮気現場の「写真」「映像」です。 しかし、配偶者の浮気現場の証拠写真を自ら撮るというのは困難であり現実的ではありません。 ですので対象者に知られていない探偵が依頼者の代わりに証拠写真を撮るという図式が成り立つのです。 では、探偵が撮る浮気現場の証拠とは具体的にどんなものなのか? 法律的に「不貞行為」とは、配偶者以外の異性と性行為を行うことを言います。 証拠としては、性的関係を証明するものが必要となります。 しかし、性行為そのものを写真や映像におさめるわけには行きませんので、 この場合の浮気の証拠とは「性行為を行ったと推認できるもの」であれば良いのです。 最も具体的な例が「ラブホテルへの出入り」となります。 周知のとおり、ラブホテルは性行為を行うために利用する場所です。 つまり、配偶者と浮気相手がラブホテルを利用したことを出入りの写真や映像で証拠として残せば、 即ちそれが性行為があったことの証明となるわけです。 泊まったのがラブホテルではない場合はどうなるのか?という疑問をお持ちになるかもしれませんが、 旅館であろうが、シティホテルであろうが、自宅マンションであろうが、 性行為があったことを推認できるかどうかが重要なので、ラブホテルは必須条件ではありません。 但し、旅館やシティホテル、自宅マンション等への出入りはラブホテルのように性行為に直接関係があるわけではないので、 調査回数やその前後の状況が重要になってきます。 つまり、二人が男女としての交際関係にあると認められる証拠も集めていかなければならないわけです。 交際関係にある男女が宿泊したり生活をともにしていれば性的関係は推認されます。

 

興信所とマイナンバー制度

マイナンバー制度

「行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律」、通称「マイナンバー法」が成立したことによりいわゆるマイナンバー制度が始まりました。

マイナンバーは国が国民の年金や税金、保険などを一元管理するために設けられた制度ですよね。

行政の効率化、利便性の向上、公平・公正な社会の実現、というのがテーマのようです。

しかし、このマイナンバーによって全てが管理されることになったために、マイナンバー自体の取扱いやマイナンバーからの個人情報流出に関して、神経質にならざるを得なくなっています。

探偵・興信所も多くの企業と同じく、マイナンバーの取扱いには十分に注意しなければなりません。


興信所とマイナンバーについて

興信所という業種は個人情報との関わりが大きい業種の一つではあります。
調査対象者の情報や調査で得られた情報もありますが、そもそも依頼者の情報がその一つと言えますね。

探偵や興信所は依頼を受ける場合、原則として依頼者の方にご自身の身分証明をしてもらうのですが、その際にマイナンバーによる身分証明を求めることはできません。(マイナンバー法第19条)

身分証明は運転免許証や保険証等でもできますので、依頼者の方が仮に探偵事務所側にマイナンバーによる身分証明を求められた際は正当に拒否することができます。

ただ、それはむしろ身分証明以前の問題というか、そのような探偵事務所や興信所があったら、そこに依頼することは避けた方が宜しいのではないでしょうか。


マイナンバーを調べることはできない

また、基本的にはない依頼だとは思いますが、「ある人物のマイナンバーを調べて欲しい」といったご依頼は探偵はお受けすることはできません。

家族や従業員以外のマイナンバーを管理することが許可されているのはほぼ国の機関に限定されています。

逆に言えば、興信所や探偵に自分のマイナンバーを調べられるということもないでしょう。

現状で国のマイナンバー管理対策がどれほど万全なのかはわかりませんが、外国ではなりすましで悪用された例もあるようです。

まずは個人・もしくは法人それぞれがしっかりと管理をしなければなりません。

個人情報と探偵の守秘義務



探偵事務所に相談や依頼をするにあたって、「自分の個人情報はどうなるのだろうか?」「外に漏れたりはしないだろうか」というのは不安の種の一つではないかと思います。

単刀直入に言いますと、法律により探偵事務所は依頼に関する情報には「守秘義務」があります。

ですので、法に基づいた公的機関からの請求などの例外を除き、依頼者情報や依頼の内容が外部に漏れることはありません。

但し、真っ当な探偵事務所ならという条件がつきます。

確かに、もともと料金トラブルが多い業界な上に、現状でも「依頼内容をネタにして恐喝する」などまともではない業者がいないわけではないでしょう。

探偵が起こした事件がたびたびニュースになってしまうこともあり、初めて依頼する方の探偵に対する警戒心が強くなるのはある程度仕方のないことと言えます。

しかし、相談の段階では大丈夫なのですが、実際に探偵に依頼するのであれば、例えばご自身を匿名にしたり、偽名を使おうとしてもできません。

なぜかと言えば、探偵の調査が「契約」であり、探偵業法の規定により「契約書の交付」が義務付けられているからです。

契約トラブルを防ぐために義務付けられたわけですが、依頼者側にとっても非常に重要なことです。

探偵の例で言うと、調査料金を前払いで合意した場合、契約書を所持していないと後のトラブル時や詐欺にあった場合にお金を払ったことの証明ができない可能性があります。

逆に後払いにした場合、契約書を交わしておかなければ、依頼者の調査料金の不払いリスクがあるため、探偵側が依頼を受けられないことになります。

そもそも、これは探偵に限らず「世の中の契約全般」に言えることであり、個人情報に敏感になりすぎても不都合を生じさせることとなります。

個人情報を提供することで不安になるような相手なら依頼をしなければよいとしか言えないのです。

「個人情報保護法」という法律がありますが、この法律のために敏感になりすぎている部分もあるでしょう。

ちなみに同法が適用されるのは多くの個人情報データベースを所有する大企業や一般的な中小企業であり、小・中規模の探偵事務所、つまりほとんどの探偵事務所が実はこの個人情報保護法の対象には該当しません。

こういった法律よりもむしろ「守秘義務」の方がわかりやすく、依頼者の方も安心できるというところではないでしょうか。

行動調査が必要となるケース



<行動調査が必要となる男女交際>

探偵が行動調査を必要と判断する場面は様々存在します。特に必要性が高い行動調査の実施理由は「男女関係に関する行動調査」と言えます。

恋愛関係にある男女は「相手を想うあまりに疑う」心情に陥る傾向が強くあるものなのです。

交際を始めて日が浅い男女のどちらかが「仕事や仕事の付き合いが多忙」になり、交際相手との時間を持てなくなってしまう。

このような状況は、恋愛の経験がある多くの方ならば不安な心情を苦い経験として記憶されていることでしょう。

加えて「自身を好きでは無くなってしまったのでは?」などの被害妄想まで想いを巡らす方も少なくないことでしょう。

長年、探偵という職業をしていると「交際相手の好意を測る目安を欲してるご依頼者」が多く存在していることに気付くことが出来ます。

連絡手段が進歩しリアルタイムな連絡が可能となった現代社会であっても、そのような欲求や不安な感情は尽きることがありません。

そこで、ご相談者である皆さんが選択する一つの手法として「交際相手の行動を行動調査」で知ることにより安心し、交際相手が持つ自身に対する気持ちを確認することにより、恋愛で発生する不安定な感情を排除するのです。

もし、現在あなたに交際相手が存在し「恋愛により仕事が手につかない」などの状況が発生しているならば、探偵に交際相手の行動調査を依頼することは問題解決の選択肢の一つと考えられるのです。

<相続に関わる調査・行動調査編>

世間に存在する人物の「本性を知る手段」は多数存在します。身の回りの持ち物や自身が契約している各方面各種を精査する等が一般的にはポピュラーな方法かと思われます。

様々な痕跡や契約内容等から「ご自身に対して友好的な人物」であるか?判断することは有意義に思える反面「ごまかしが効く」ことがあり、疑念や疑惑の核心に迫るには物足りないと言えます。そこで「真実の核心に迫る手法」として探偵や探偵事務所が実施する素行調査を利用するご依頼者様が数多く存在するのです。

多くの疑念は生活や仕事上の人間関係の中で浮かんでは消えてゆくものです。

なかには資産を持つ家系に生まれ、相続の機会が近い立場にある人物等は「身内であっても疑念を持つ人物」が存在し、相続に関わる人物とデリケートな関係性にあると言えるのです。

探偵はこのような人物の力になることも業務として承る機会があります。兄弟や姉妹の仕事や経済状況は基より、不可解な動向が存在しないか?実際に行動を調査することもあるのです。

親族同士で醜い争いが表面化しないためには「水面下での調査が必要不可欠」であり、当然の流れと言えるのです。この調査を抜きに相続を実施する資産家の多くは「相続を期に険悪な関係」に陥る人物が多く、同族経営の骨肉の争いとして世間を騒がせることになるのです。

<行動調査を実施する以前の注意点>

行動調査のニーズは本当に多岐にわたり、探偵の経験とご依頼者の必要とする調査の方向性が重要な調査と言えます。

そのような性質上、調査に着手する以前に「幾つかの取決め」を設定した上で行動調査に着手することが有意義な行動調査を実施する上で必要となります。

基本的なご依頼者様との連絡時間の設定や、行動調査を実施期間中に探偵が絶対に実施してはいけない調査行動なども事前に設定しておくことが重要と言えるでしょう。

探偵・興信所の料金トラブル




探偵・興信所といった調査会社に依頼しようと思っても、初めての方にとって調査会社を利用する「料金」は少々わかりにくいのではないでしょうか。

一般的な調査サービスである浮気調査や素行調査だけでも興信所・探偵事務所によって料金制に違いがあったりします。

また、残念なことに、探偵業界では調査料金にまつわるトラブルが非常に多くなっています。

トラブルの原因は、クレーマーなどの例外を除けば基本的に探偵・興信所側の事前説明に原因があると見られます。

担当者の力量不足によって説明が足りなかったのならまだしも、悪質なところではあえて事前に曖昧な説明を行ったりします。

ですので、後に費用請求が行われた時に「料金が高過ぎる」「こんなにかかるとは聞いていない」等のトラブルが起こるのは、ある意味当然のことなのです。

そういった悪質な調査会社は、相談者に契約をさせて調査を行わせること、高額な料金を取ることを何よりも優先しており、御依頼者様にとって都合の良いことしか言わず、本来の意味で御依頼者様側に立って物を考えると言うことはおそらくしていないでしょう。

また、なぜトラブルが多いのかの原因の一つは、トラブルを起こしている探偵・興信所の数が多いというよりも、「一部の探偵・興信所らが起こしているトラブルの数が多い」との見方があります。

もともと詐欺的な目的で営業されている業者、または数多くの依頼者を集める営業戦略をとる探偵・興信所がトラブルを多数起こしているとも考えられます。

当社はもちろん、御依頼者様との間にそのようなトラブルを起こしたいとは考えておりません。

但し「調査」というものは、必ずしも御依頼された方の思うような結果やお望みの結果が得られるものではありません。

例えば、対象者の行動を調べる調査は、対象者の行動や意思によって左右されることをご考慮いただくとご理解頂けるかと思います。

しかし、現実には、御依頼者様の望む結果が得られなかった、ということからトラブルに発展してしまうケースもあります。

仮に探偵・興信所側が調査をしっかりと行ったとしても、費用に見合う望んだ結果が得られなければ、おそらく御依頼者様としては完全に満足されることはないでしょう。

それがトラブルにまで発展してしまう場合、調査会社側に非があるとすれば、調査契約に際し、事前の説明が尽くされていないからではないでしょうか。

当社は、御依頼者様が最終的に納得した上でのご契約、トラブルを起こさないようにする契約を心がけております。

当社が全力を尽くしたとしても、調査が必ずお望みの結果が得られるものではないからこそ、御依頼者様に対し、誠意をもって事前に説明を尽くすことが重要であると考えるのです。