お役立ち情報

トップ > お役立ち情報 > お役立ち情報詳細

2020-08-20配偶者の不倫疑惑、携帯電話番号調査で判明できる?


「自分の配偶者が別の異性とホテルから出てくるのを友人が見かけた」
「婚約者の部屋に自分のものではない異性用の下着があった」
「配偶者のポケットから聞いたことのないラブホテルのライターが出てきた」
「カードの請求書に行った覚えのない老舗旅館の宿泊費が含まれていた」
など、パートナーの不倫を疑うきっかけにはいろいろありますが、上記のようなケースはそれほど多くありません。
不倫発覚のきっかけになるものでは、携帯電話に関するケースが最も多いのをご存じでしょうか。携帯電話は日常に溶け込みすぎており、また携帯電話はプライベートなものでもありますので、不倫をしている人にも油断が生まれやすいからだと考えられます。
「でも携帯電話の番号だけじゃ、何にもわからないし」と考える方もいるかもしれませんが、そのようなことはありません。携帯電話番号調査をすることで、配偶者の不倫を明らかにすることができるのです。

携帯電話関係が不倫発覚の最たる要因

携帯電話の普及率は100%(2台持ちしている人を含めた割合)を超えているといわれています。日常生活はもちろんビジネスの場でも、携帯電話はなくてはならない道具であるといえるでしょう。 固定電話と違って「自分だけの電話」として利用できることからも、浮気や不倫をする際にも頻繁に使われます。メールやチャットアプリはもちろん、電話でさえも「自分以外の人間が出ることはない」という安心感があります。そのため知らず知らずのうちに「秘密の宝箱」みたいなものであると感じられるようになり、携帯電話が隠し事の巣窟になってしまうこともあるのです。
しかし、携帯電話は意外と人目に触れるもの。ロックをかけていても、着信があれば画面に誰からの着信か表示されますよね。用意周到な人なら家にいるときも肌身離さず携帯電話を持ち歩くこともあるでしょうが、だいたいの人はロックをかけているから大丈夫と考え、携帯電話をよく見える場所に放置しがちです。 結果、「偶然見かけた画面に知らない異性の名前が表示されていた」という事態が起こります。その後、怪しく思って写真フォルダを覗いたら、見知らぬ異性と楽しそうに笑っている配偶者の姿、チャットアプリを見れば次のデートをいつにするか話し合うハートマークだらけのやり取り……など不倫の証拠が見つかるということになります。
このように、携帯電話は不倫を疑う手掛かりを最も発見しやすいツールなのです。


電話番号しかわからなくても不倫相手を特定できる

携帯電話にはたくさんの証拠があるものですが、中には決定的な証拠をすべて消している人間がいるものです。また、不倫相手の登録名を同性のものにするなど、不倫を隠すためのカモフラージュをしていることもあるでしょう。
そうだとしても、いつもこそこそ自分に隠れて電話をしている、同性であってもこれだけ頻繁に電話をかけてくるのは怪しい(しかも自分の前では絶対に電話に出ない)などであれば、不倫しているのではないかという疑念は生まれてしまうものです。疑念は一度生まれてしまえば、不安やストレスになっていつまでも心を巣食っていきます。

携帯電話番号しか手掛かりがない場合、配偶者を問い詰めることもしづらいですよね。そのようなケースで利用できるのが携帯電話番号調査です。
携帯電話番号調査とは、電話番号からその持ち主の個人を特定する調査のこと。名前や住所などまで明らかにすることも可能です。
不倫調査以外でも、ビジネスの取引をしている相手が信頼できる人か知りたいときや、毎日いたずら電話をしてくる人間を明らかにして警察に相談する際の証拠にしたいときなど、さまざまな場面で利用できる調査項目です。


携帯電話番号調査で得た情報を不倫調査に役立てる

携帯電話番号調査をすることで、不倫疑惑が晴れることもあります。しかし反対に、携帯電話番号調査することで配偶者の不倫疑惑がより濃くなることも往々にしてあるものです。疑惑の段階で本人に詰め寄ってもはぐらかされる可能性が高いですし、仮にそれで不倫ではなかった場合、疑ったことを向こうからとがめられてしまう可能性もあります。また、離婚問題などに詳しい弁護士に不倫疑惑の段階で訴えたとしても、決定的な証拠が不十分では適切な対応をしてもらえないケースも少なくありません。
得られた情報をもとにその後どうするかは依頼者様の一存ですが、どうしても疑惑を明らかにしたいのであれば、そのまま不倫調査に移行することおすすめします。相手が誰なのか把握した段階からスタートしますので、調査もスムーズにいきやすく、充分な結果を得るまでの時間もそれほどかかりません。ラブホテルを利用しているところなど不貞行為の現場を押さえ、それを証拠として弁護士に相談したり、配偶者本人を問い詰めたりすることもできるでしょう。


疑惑を感じたまま生活を送るのはつらいもの

配偶者を疑うのは心苦しいものです。中には疑念を心の奥に封じ込めて、思い出さないようにしながら生活を送ろうと考える方もいると思います。また中には、事実が明るみになることへの恐れのために、疑惑をそのまま放置している方もいるでしょう。知らぬが仏とは言いますが、疑惑を抱いてしまった以上は、仏になることは難しいと考えたほうが賢明です。疑惑さえも抱いていなければそれでもいいですが、疑惑による不安感はどんどん大きくなるもので、はじめは耐えられると思ったことでも、やがて心をむしばんでいきます。 そのような生活はストレスフルなものですし、いつか心が壊れてしまうかもしれません。自然と配偶者を愛せなくなってしまい、生活そのものが幸せから遠ざかってしまうこともあります。

調べることで望まない事実が明らかになったとしても、それは幸せを得るために必要な悲しみです。もちろん、調べた結果不倫疑惑が解消されることもあります。
事実を知ることは幸せへ第一歩であると考えるようにしましょう。

きっちりと現在の生活を清算することで、新しい生活を始めることができるようになります。配偶者が不倫しているかもしれない、という疑念が生まれて不安に感じている方は、まずは携帯電話番号調査を依頼することをおすすめします。
アーガスリサーチは、携帯電話番号調査は完全成功報酬制をとっており、万が一個人特定ができなかった場合には料金を請求いたしません。相談も随時承っておりますので、まずは気軽にご相談ください。

お役立ち情報一覧に戻る

関連情報

無料相談
対応地域
AREA
対応地域

首都圏を中心に各支部にて対応致します。
※依頼内容によっては遠方でも対応可能ですのでご相談下さい。

ご依頼者様の声 お役立ち情報
興信所アーガスリサーチ
ARGUS RESEARCH

〒116-0013
東京都荒川区西日暮里5-24-2 KIビル402
TEL:03-3801-1122 FAX:03-3801-1133

0120-132-417 メールで無料相談