取扱調査

一覧へ戻る

借金調査
借金調査は、対象者の借金を調べる調査です。サラ金やキャッシング、ローン等でいくら借り入れがあるのかが判明します。
なぜ借金を調べるのかというと、借金の有無がその人物の信用性や評価に関係するからです。

借金があれば必ずしも悪いというわけではなく、借金の性質や額によってはむしろ信用があるとの見方もできますが、「借金がある」「お金を返さなければならない」という事実に変わりはありませんし、消費者金融やキャッシングの借金に肯定的な見方は基本的にはできません。

異性に貢いだりギャンブルでの負けが理由だったり、収入で足りないから借金をしていることも少なくないからです。

また、極端な例ですが、横領や詐欺などの犯罪の動機が借金の場合があります。

例)

・交際相手の借金の有無

交際相手が実は借金を抱えていたと知ったらどうしますか?

少額なら問題はありませんが、大きな金額の場合はその後の生活が不安になりませんか。

これが結婚前に分かるのと結婚後では大違いとなります。

・採用時や不審な社員の借金の有無

採用する人物の身辺調査の一環で借金調査が行われることがあります。

調査に必要な情報

借金調査では調査を行うにあたり、生年月日や勤務先などある程度の対象者の情報が必要になります。

但し、ご相談の段階ではこれらの情報は必要ありませんので、ご依頼を決断した際にお伝えください。