取扱調査

一覧へ戻る

盗聴・盗撮調査

携帯番号調査とは

携帯番号調査とは、「携帯番号からその番号の持ち主である個人を特定するための調査」のことをいいます。
携帯電話の番号には、単なる数字の羅列以上の情報が含まれています。基本的に携帯電話を契約する際は、自分の名前や住所などの個人情報を使うからです。携帯番号からその番号の持ち主の名前はもちろん、住所や勤務先までも特定できることがあります。それらの情報が手に入れば、そこからその人物の顔写真を撮影したり、行動パターンや交友関係などを調べたりすることができるようになります。
携帯番号調査は、いわば調査をファーストステップであると言えるでしょう。

また、携帯番号調査では、「ある特定の人物が契約している携帯電話の番号を調べる」ことも可能です。例えばご家族や友人の携帯番号がわからなくなったといったケースで、その人物の携帯番号を調べることができます。

<携帯番号調査をするメリット>
・ビジネスにおける損害を防ぐことができる

インターネットが普及し、ネット上のやり取りのみで完結するビジネスも増えています。ネットでビジネスをすること自体は問題ありませんが、気を付けなくてはいけないのが、詐欺行為を働く人が多いということです。
ネットに限らず実社会でも詐欺師はいますが、面と向かって出会うことがない分、ネットのほうが危険度が高いと言えます。仮に取引している相手に不審な点がある場合は、すぐに契約などの結論を出さずに、相手が信頼できる人間であるか確認するようにしましょう。
そのような際に利用できるのが携帯番号調査です。取引の中で携帯番号を交換することがあると思いますが、その番号さえあれば、相手がどこの誰なのか調べ、身辺調査などを行うことができます。

・誰にも知られず不倫調査のとっかかりが掴める

携帯番号調査をすることで、誰にも知られることなく配偶者や婚約者の不倫について調べることができるようになります。
配偶者や婚約者がある人物と毎日のように電話をしているものの、その相手が誰なのかわからないし、本人も詳しく教えてくれないというようなこともあると思います。ただ電話をしているだけという状況では、パートナーを強く問いただすこともしづらいでしょうし、その番号の相手に自ら電話をかけてみるということも難しいでしょう。問い詰めた結果単なる友人だったり、会社の同僚だったりすれば、逆に疑ったことをとがめられるかもしれないからです。
そのような際に、携帯番号調査が役に立ちます。探偵は秘密厳守で調査をしますので、自分がパートナーの不倫を疑っていると誰にも知られることはありません。
携帯番号調査で明らかになった相手に不審な点があれば、そこから不倫調査に移行することもできるなど、携帯番号調査は不倫調査のとっかかりになります。

・完全成功報酬制なので気楽に依頼ができる

当社の携帯番号調査は、完全成功報酬制を採用しています。完全成功報酬制というのは、依頼を受け、依頼された通りの結果(携帯番号の持ち主を特定する)が得られたときに、費用が発生するという料金システム。つまり、万が一本人の特定ができなかった場合には、費用が発生しないということです。
依頼時に提供していただける情報量が多ければ多いほど結果が得やすくなりますが、携帯番号調査は「番号しかわからない」という状況でも調査可能です。「情報が少ないから調査は無理かな」とあきらめることなく、まずはお気軽に相談いただければと思います。

・ストーカー対策ができる

ストーカー被害を受けている方の中には電話を使った嫌がらせ行為に悩まされているケースが多く含まれています(無言電話や連続での呼び出しなど)。こういったストーカー行為は、決定的な証拠がない限り警察が動くことはほとんどありません。
そのようなストーカー行為の対策といて、携帯番号調査を利用することができます。頻繁にかかってくる電話番号から、電話をかけている人間(その番号と契約している人物)を特定します。犯人が特定できれば、それを証拠として警察に相談しやすくなりますし、警察もより話を聞いてくれやすくなるでしょう。
最悪な事態になってしまう前にストーカー行為を抑制できるとして、携帯番号調査を利用する方が多くいるのです。

調査の流れ

調査の流れ

携帯番号調査は、主に以下のような流れで実施することになります。

ステップ① お問い合わせ 相談

当社へご連絡いただき、どのような目的で携帯電話番号調査を依頼するのかお伝えください。お問い合わせの段階で調査が可能かどうか判断しますので、調査目的などをしっかりお伝えくださるようお願いします。
その後、実際に当社へ来社いただき、対面での相談となります。このとき、知りたい相手の情報を、できるだけ多く提供していただくことで調査がよりスムーズになります。相手と出会った場所、会話内容など、携帯電話番号以外の情報をできる限りまとめておくようにしてください。

ステップ② 見積

提供いただいた情報が多ければ多いほど、調査にかかる工程や時間が短くなります。費用も安くなります。提供いただける情報が少なく、調査に時間がかかる場合はプラスアルファで費用がかかることもありますのであらかじめご了承ください。
アーガスリサーチの場合、最もコストが抑えられるプランで見積もりをしていきます。

ステップ③ 契約

見積もりや、調査方法、スケジュールなどを確認し、契約に移ります。見積額や調査方法、スケジュールに不満がある場合は契約をしないという選択肢もありますので、まずは気軽にお問い合せ、ご相談くださることをおすすめします。

ステップ④ 調査開始

契約後すぐに調査が始まります。事前に提供された情報量にもよりますが、早ければ即日結果が出ることもあります。調査結果や途中経過は基本的に随時、必要なデータを添えた報告書によって知ることが可能です。

ステップ⑤ 調査後のフォロー

最終結果をもとに、今後どのようなアクションを取るべきか、アドバイスいたします。携帯番号の持ち主が信用できない場合であれば付き合いを考える、住所氏名だけではまだ人間性が分からないといったケースでは、素行調査に切り替えるなど、依頼者様に合ったフォローをいたします。

携帯番号調査を依頼事例

携帯番号調査は、さまざまな目的で調査依頼を受けております。これまで携帯番号調査の依頼を受けた事例についてご紹介します。

<妻の不倫が疑われる>

配偶者や恋人、婚約者などが不倫をしているのではないかと疑わしいケースで、携帯番号調査を依頼される方が多い傾向です。

ある30代の男性は、奥様の携帯電話に特定の番号から頻繁に電話がかかってきていることに気が付きました。名前は表示されておらず、それが誰なのかわかりませんが、奥様は「会社の人」としか説明してくれません。
はじめのうちは奥様の言葉を信じ、特に気にもしていなかったのですが、だんだんと電話がかかってくる頻度が高まっていきます。自分と一緒にいるときは絶対に応答せず、後でひとりになったときにかけ直していることに気づいた男性は、一気に奥様に対する疑念を強めていきました。よくよく考えてみれば、それほど頻繁に電話をかける会社の人の番号を登録していないはずがありません。そのことに気が付いたとき、男性は奥様が不倫をいているのだと確信したそうです。
しかし、不審な電話がかかってくること以外に決定的な証拠がありません。もし問い詰めて不倫でなかった場合、割を食うのは自分だと、男性は何もできずに過ごしていました。
そんなとき、携帯番号調査の存在を知ったのです。探偵に依頼をすれば妻に知られることなく電話相手の情報を手に入れられる。男性はそう考え、当社へ携帯番号調査の依頼しようと決意しました。
当社でその電話番号を調査したところ、確かにそれは奥様が勤めている会社の男性社員の電話番号であることが判明しました。しかし、だとしたら電話番号を登録していないのは不自然です。男性は不倫調査として調査の続行を決めます。
当社の探偵が奥様と番号の持ち主を尾行、張り込みで調査したところ、休日の昼間に二人でラブホテルへ入っていく瞬間が確認され、奥様の不倫が明らかになりました。
奥様は反省していたので離婚は見送るとのことでしたが、不倫相手の男性から慰謝料を受け取ることに成功したとのことです。

<婚活アプリで知り合った男性が信用できる人か知りたい>

最近はインターネットが普及し、出会いを求めてネットを使う方も増えています。婚活アプリなども隆盛し、その利用者も増加傾向です。しかし、ネットでの出会いが比較的リスクの伴うものであるという事実には変わりがなく、ネットで知り合った人と実際に会うことに不安を抱く方も少なくないようです。

ある20代の女性は、友人に勧められ軽い気持ちで婚活アプリに登録をしました。さほど熱心に利用をしていませんでしたが、そんなときにある男性からメッセージが届きました。いつものように軽くメッセージのやり取りをして、適当な頃合いを見計らって切り上げようと思っていたのですが、その男性とは波長が合うようで、知らず知らずのうちに1週間以上、途切れることなくメッセージのやり取りを続けていました。女性もだんだんと男性からメッセージが届くのを楽しみにするようになっていきます。
男性から連絡先を教えてほしいと言われたので、女性は個人の連絡先を男性に伝え、二人はアプリ外でコミュニケーションを取るようになりました。基本的にはメッセージのやり取りばかりをしていましたが、連絡先を交換して以来、電話をするようにもなります。女性としてはそれだけでもかなり冒険している気分でしたが、男性のほうは物足りなかったようで、ついに実際に会ってデートをしようと誘われます。
女性としては、気の合う相手だったので会ってみたい気もありましたが、それでも相手は素性の知れない男性です。名前や勤務先についても聞いていましたが、それが事実であるかはわかりません。考えているうちに不安になり、最悪の事態を想定してしまうまでに至りました。
そこで女性は友人に相談し、携帯番号調査について教えてもらいます。友人も婚活アプリを使っており、怪しい人と会うときは携帯番号調査を利用しているとのことだったので、女性も思い切って当社に携帯番号調査を依頼。当社が男性の番号を調査すると、すぐにその番号が、男性が女性に伝えた名前の名義で契約されている事実がわかります。また、勤務先についても追加調査をしたところ、その男性の言う通りだったことがわかり、女性は男性を信頼できるようになりました。
女性はその後、その男性とデートを重ね、見事ゴールインしたそうです。

携帯番号調査を依頼する際のポイント

携帯番号調査は提供していただける情報が多ければ多いほど、成功率がアップします。携帯番号の持ち主を特定したい場合であれば、その人物の名前や年齢など、分かる範囲の情報はすべてご提供ください。
もちろん、そのような情報がなく番号だけでも調査をすることは可能です。しかし情報が多ければ調査にかかる時間や費用を抑えることができます。依頼をする前に、入手できる範囲の情報をすべて手元に揃えていただくことをおすすめします。

<自分で番号のキャリアを調べることもできる>

提供することで調査の役に立つ情報のひとつに、携帯番号のキャリアというものがあります。キャリアというのは携帯電話を契約している会社のことで、日本の三大キャリアは「au」「ドコモ」「ソフトバンク」です。

一般の方でも、携帯電話の番号から、その番号のキャリア(契約している携帯会社)の」特定は可能です。
最も有名な方法は、ネットの「携帯キャリア検索」でその番号を検索することです。しかし、最近ではナンバーポータビリティ(番号を変えずキャリアを移籍すること)が主流になっており、確実な情報を入手できるとは言えません。
最も確実な方法は、その番号に電話をかけて、呼び出し音の最初になるキャリア識別音を確認する方法です。

・ドコモ
いきなり呼び出し音が鳴る

・au
呼び出し音の前に「プップップッ」と切れ切れの音がする

・ソフトバンク
呼び出し音の前に「プププッ、プププッ」と音がする

キャリアはプロが携帯電話番号調査するときの有力な情報となり、調査期間や調査料などにも影響が出るものです。事前に調べておくようにしましょう。

ただ当社は完全成功報酬制を採用していますので、仮に調査がうまくいかなかった場合であれば、料金がかかることはありません。情報が少ないからとあきらめず、まずはお気軽にご相談してみてください。